【トリビア】親指と小指の先をくっつけて見て!手首にこれが出る人はヤバい!
2023/12/11

人間の体は、日常的にあまり注目されない筋肉や器官が存在することがあります。その中でも、手のひらを動かす筋肉である「長掌筋」についての豆知識をご紹介します。

長掌筋は、前腕部前面の中央部を走行する前腕屈筋群の一つです。この筋肉は、上腕骨の内側上顆から起始し、手掌腱膜に停止します。主な役割としては、手関節の掌屈(屈曲)を促す働きがあります。また、手掌腱膜を緊張させることで、手のひらの血管や神経を保護する役割も果たしています。

興味深いことに、長掌筋が先天的に欠損している人が存在します。実際に、日本人の約4〜13%が長掌筋を持っていないと言われています。この筋肉の欠損率は個人によって異なりますが、日常生活や運動において特に不自由を感じることはありません。なぜなら、長掌筋の近くにある他の筋肉が代わりに機能してくれるからです。

長掌筋の存在を確かめる方法としては、親指と小指を合わせて手首に腱が浮き出るかどうかを確認する方法があります。 ただし、この筋肉がなくても日常生活に支障をきたすことはありません。

長掌筋の役割や存在については、医学的にも無くても大丈夫とされています。ただし、個人差があるため、長掌筋の有無については人それぞれです。

人間の体は進化の過程で様々な変化を遂げてきました。長掌筋もいずれ退化してしまう可能性があるかもしれません。しかし、現時点では多くの人がこの筋肉を持っているか、あるいは代替筋肉が機能しているため、特に問題はありません。

人間の体の不思議さや多様性について考えると、長掌筋の存在や欠如も興味深いものです。それぞれの体の特徴や機能が個々の生活に適応していることを感じることができます。

AD
記事